赤ちゃん本舗店


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


赤ちゃん本舗店 TOPへ
赤ちゃん本舗 育児 命名 通販
乳幼児嘔吐下痢症(感染性胃腸炎)
乳幼児嘔吐下痢症とは
ウイルスによる胃腸炎で、だいたい突然の嘔吐で発症します。うつります。冬期下痢症とも呼ばれます。
2~15回嘔吐し、同時か少し後から下痢が始まります。 いつもより酸っぱいにおいの黄色か白っぽい水様便(クリーム色)(この背景のような色です。)、
ひどいときには米のとぎ汁 のような便になることもあります。 熱も出ることがあります。
下痢は3~十数回になります。下痢の期間は長く続き一週間くらいかかることもあります。 問題は脱水症です。
嘔吐や下痢で体内の水分とともに消化液を失うと塩分など(電解質)体液が失われるからです。その前に適切な治療をしましょう。
嘔吐の仕方には2パターンあってまとめて何時間かの間にどーっと吐いてしまうタイプと毎日1~2回ずつ位吐くタイプがあります。
毎日少しずつ吐くタイプは3日ほど続きますが、あまり脱水になることはありません。
ウイルスは何種類もあり、最も代表的なウイルスがロタウイルスとノロウイルスいうウイルスです。
ロタウイルスが症状がもっとも強く、便が白っぽくなる傾向が強く下痢も長びきます。
ロタウイルスの潜伏期は1~2日といわれています。新生児では無症状かごく軽症で、年長児や成人では症状がでないことが一般的です。
ロタウイルスは診断キットがあるので早めに確認できます。
その他のウイルスではアストロウイルス、腸管アデノウイルスなどが原因ウイルスとしてあげられます。

治療
嘔吐する時間は数時間から約一日程度です。必ず止まってきます。
嘔吐止めを使用し嘔吐が止まるのを待ちます。この間、水分も与えません。
絶食が最もよいのです。(この時期は与えても吐くだけですから。)
吐き気が止まり、飲めそうになったらスプーンで小量ずつ、お茶、アクアライト、
ポカリスエット、塩分で味付けしたコンソメスープ、あめゆなどを交互に与えます。
みかんやリンゴのしぼり汁もよいでしょう。これで嘔吐がなければこれからどんどん吐くということはなくなります。
こうすれば脱水症を防ぐことができます。
しかし、吐き続けたり、下痢がひどくほとんど水分も十分に取れない場合には点滴をします。
ほとんどの場合200~500ccほどの点滴で良くなりますが、ひどい場合は入院が必要になることもあります。
嘔吐が軽い場合はOS-1などの経口補水液、あるいはみそ汁やリンゴジュースなど与えていきます。
逆に嘔吐もなく、下痢もなく、普通の硬さで便が白くなるだけのこともありますが、この場合はほとんど治療は必要ありません。

食事の与え方
 嘔吐が止まり、下痢の回数が減り、水様から泥状へと便性が好転するにつれて、うすめたミルク、重湯、三分がゆ、ポタージュも与えることができます。
 便と同じ軟らかさのものをたべさせるとよいでしょう。
 おかゆ、白身の魚、よく煮たうどん、軟らかい食パンなどよいでしょう。

《食べていけないもの》
 乳製品、冷たいもの、油もの、糖分の多いもの、生野菜など繊維の多いもの
 卵や豆腐などは便が固くなれば与えてよろしい。
◎下痢が治まると、すぐに体重は回復します。栄養は控え目でも早く下痢をなおすようにしましょう。
下痢が長びくときは乳糖不耐症のことがありますのでご相談ください。

おふろ
下痢がひどく、元気のないときだけ中止します。おしりはお湯でよく洗ってやります。


こどもの病気の地図帳 (大型本) 著 鴨下 重彦, 柳沢 正義

《特色と内容》

●こどもの病気の特徴早わかり

●こどもに多い主要症状の見方・考え方

●日常よくみられる代表的な病気の全体像を徹底図解

●こどもに多い事故と対応―なにをすべきか、なにをしてはならないか

●現行予防接種一覧

>詳細はこちら>


スポンサーサイト


赤ちゃん本舗店 TOPへ

テーマ:日記 - ジャンル:日記

赤ちゃん本舗 育児 命名 通販
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korinrinkorin.blog114.fc2.com/tb.php/27-af6e7651
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。